アロワナの水温管理


今回は水温管理について調べた備忘録。

 

出雲はホントに寒いので、熱帯魚であるアロワナの飼育では水温管理は気をつけないといけません。

出雲じゃなくても一緒か。

 

素人ながらにそれはわかるのですが、じゃあ何度にすればいいのか、どのように管理したらいいのかわからない…。

 

アロワナの水温管理

 

ショップ定員さんの話では、

”25〜28度にしとけは大丈夫!
稚魚のときは、早く成長させるためにも28度にしとけば病気対策にもなる”

とのこと。

なるほど、なるほど。

28度が成長促進温度なのね。

 

ネットでも色々と調べたけど、28度てところが多かった。

 

 

 

27.5度なんて細かく推奨もあるけど、そんな細かくは無理…

33度でも元気みたい(笑)

 

アジアアロワナで試してみてて、30度くらいが1番餌の食いがいいんだとか!

 

 

アロワナにも種類があり、種類が違えば管理も違う

アロワナの水温管理

 

一概にアロワナを飼う水温として調べると、アジアアロワナのことを書いてる記事が多いので注意が必要でした。

 

シルバーアロワナはアマゾン川が原産。

アジアアロワナは東南アジア。

 

東南アジアの方が温暖な川が多く、最低気温も25度。

それに対して、アマゾン川は最低気温は22度。

 

元々の生まれ育った環境が違えば、基本的な適応能力も違いますよね。。。

 

てことで、サイトの平均値を算出してみました!

 

ネット上でのシルバーアロワナの水温

 

全部で15サイトを閲覧。

例えば25~30度と記載があれば、中央値27.5度を用いて、15サイトで記載があった推奨水温を算出。

 

その結果…

 

 

27.7度!!!

 

ちゃんとシルバーアロワナとして調べた結果。

 

ショップの店員さんも言ってたし、ネットでの情報も同じくらいだから、我が家の水温は28度とすることにしました。

 

稚魚の間は30度、ってサイトも多かったけど、まだ昼間は家が暑くなるのを考慮して28度。

 

まだ残暑厳しいからね…。

アイスノン浮かべて冷やした日もあった…。

 

真冬になるとヒーターがんがんなんだろうなぁ…。

 

電気代こわっ(´・ω・`)

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です